FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-29 17:23 | カテゴリ:審判
今年は審判更新の年。ぼちぼち新ワッペンが届いていることと思います。

2010-2011の道Aワッペンのデザインはどうなっているのか?
毎晩、届くのを楽しみにしていたのですが、ついに先日届きました。

ワクワクしながら封筒をあけました。

  ガーン。。。

  なんだろ、この色。

デザインは2008-2009と同じ。
でも色使いが軽くなってしまった。。。(涙)

先日の春季強化リーグでお披露目しましたが「色がね。。。」と不評。。。

  楽しみにしてたのになぁ

  次の更新まで長いなぁ

  それとも、もう一つ上のワッペンをもらえるよう頑張るか(汗)


というわけで、まだ届いていない方のために画像はあえてアップしないでおきますね(笑)



↑↑↑↑↑↑↑
FC2ブログランキングに参加しています。
今日もクリックお願いします。


スポンサーサイト
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:ミニバス
コメント(0) | トラックバック(0)
2010-04-22 23:59 | カテゴリ:審判
先日、S.Hコーチと審判講習会に行ったときの車の中で話していたのですが、
「DVD付きルールブック、オフィシャルズ・マニュアル」があったらいいと思いません?

特にルールブックは、言葉で表現すると難解なのですが、恐らく「こういう場合」と映像で見れれば、すぐに理解ができると思うんです。

そして一番見たいのは、審判のジャッジの映像。
ファウルやヴァイオレーションの取り上げ方。典型的なものから、際どいものまで。際どいものはジャッジのポイントを解説いただけるとありがたい。

選手のプレイと審判のポジションの映像、その後審判の視野の映像が映し出される。
通常の速さで再生された後、スローな映像でリプレイされ解説があり、最後にもう一度通常の速さで再生される。
その他マニュアルに載っている動作の解説を試合開始から試合終了まで。

こんなのあったら完璧でない??

ミニバスの練習教本なんかでもDVDが付いている時代。

「DVD付きルールブック、オフィシャルズ・マニュアル」

絶対売れると思う。

大修館書店さんあたり、出版してくれないかな。。。

審判技術の向上にすごく役立つと思うし、他のスポーツの審判にも応用できると思う。

皆さんはどう思いますか?

欲しくない?



↑↑↑↑↑↑↑
FC2ブログランキングに参加しています。
今日もクリックお願いします。



【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:ミニバス
コメント(0) | トラックバック(0)
2010-04-18 12:30 | カテゴリ:審判
行ってきました。当別まで。

日ごろ、大会でも吹かせてもらっていますが、いつも反省することが多いので、少しでも信頼される審判となるために。

朝早くからたくさんの指導者、審判員の方々が集まっていました。
講師の方々もそうそうたるメンバでした。

午前中は、基本的な動き、1対1のリードオフィシャル、3対3、5対5で実戦に近い形でTOへレポートするまで。
ドリル形式でやるとなんだかぎこちない感じになっちゃいました。

午後は、ゲーム形式で。1Q5分流しで2~3回ほど実技を行い、終わったら講師の方々からアドバイスをいただく。
動きをチェックされているかと思うと、緊張しますね。緊張すると視野が狭くなり、ボールばかりを追ってしまう。
すかさず、そこは指摘されますね。

「やはり、道Aレベルはボールのないところのファウルも取り上げられることを求められますからね。」
ごもっともです。

そのアドバイスを元に2回目の実技。
このときはエンドラインからのスローインのときのホールディングをとりました。
講評の中では「いい笛だった」と褒めていただきました。
自称、褒められて伸びるタイプです(笑)
その他にも、ジェスチャーの見栄え、信頼されるジャッジのポイントなど、アドバイスいただきましたので、今後のジャッジに役立たいと思います。


講師の方々からは、やってみての感想、そして良かったところをとりあげていただき、そして最後に直したほうがよいところのアドバイス。
日ごろ怖そうな方々(失礼か)が、言葉を選びながら、ユーモアを交えながら、受講者のモチベーションを上げるような配慮が随所に見え、本当にありがたいことだなと思いました。


朝9時から17時まで丸一日、本当にお疲れ様でした。
講師の方々、そしてモデルになってくれたミニバスの子達、本当にありがとうございました。


せっかくの休みを返上して、受講者、講師が集まったわけですが、そこに共通しているものは何か。
やはり中心は子供達なんですよね。子供達によりよい環境を提供するためなんだと思います。
受講者は、審判技術をマスターして、正しくジャッジしてあげたい。ジャッジを通して指導してあげたいという気持ち。
講師の方々は、そういうことができる審判員を少しでも多く増やして、子供達が伸び伸びバスケができる環境を作りたい。そういう思いが、昨日丸一日、当別の体育館に集まった方々に共通する思いなのではないかなと思います。

そう思い、一人で勝手に暖かい気持ちになっていました(笑)


で、この日、S.Hコーチ(男)が見事、道Bに合格しました。
紹介が遅れましたが、去年の暮れからスカイのスタッフに加わっていただきました。
この方、色々繋がっていて、私の大学の先輩でもあり、Kコーチの高校の後輩にあたり、そしてSコーチの高校の先輩の旦那様だったのです。偶然にしては繋がりすぎですよね。

これから二人で審判技術を高めていき「将来はブロック決勝を任せてもらえるくらいうまくなりたいですね」と決意を新たにした二人でした。

夢は大きく(笑)


↑↑↑↑↑↑↑
FC2ブログランキングに参加しています。
今日もクリックお願いします。






【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:ミニバス
コメント(0) | トラックバック(0)
2008-06-22 17:22 | カテゴリ:審判
昨日の疲れもあり、少し控えめにやりました。

今日は相手チームとの2チームだけでしたので
お互いのチームから審判を出すことになりました。

練習試合だから、
別な笛にすべきだろうか
(多少のミスは流し、ある程度プレーさせる)
とか
相手チームのファウルが多くなると
ひいきしているように受け取られるかも
とか
余計なことを考えているうちに
ファウルを流してしまい
少し荒れたゲームとなってしまいました。

ごめんね、子供達。

1ゲーム終わった後の3Q分ではKコーチに審判
変わってもらいましたが、さすがでしたね。
あまりにトラベリングが多かったので
バイオレーションの後、どこが悪いのかジェスチャー
付きで解説してましたね。

ミニバスの審判は
「子供達のプレーをちゃんと見てあげる」
「ルールを教えてあげる」
という役割をになっているんですよ。
という審判講習会での言葉を思い出した。

Kコーチはそれを実践している。
さすがに新米コーチとは違います。

練習試合では、儀式(?)があって
まず子供達同士(チーム同士)で一列になって
「今日はよろしくお願いします!」と挨拶をします。
その後、他チームのコーチのところにも行って
「よろしくお願いします」と挨拶をします。
するとコーチたちは他チームの子供達に指導的な
コメントをするのです。
試合の後もこれをやります。

こんな光景初めて見ました。
とてもすがすがしい気持ちになりました。
そして、自チーム他チームに関係なく
子供達を見守るということの実践。

指導者って責任重大ですね。

結構気軽に引き受けてしまいましたが、
そのあたり肝に銘じて、指導者/審判を手を抜かずに
頑張っていこうと思います。


肉体的にかなり疲労が溜まっていますが
有意義な週末でした。

ありがとう!スカイウォーカーズ!

(今日も一押しお願いします!)
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:ミニバス
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。